相続対策でお悩みの方へ

相談

早めの対策が重要

不動産や金融資産など一定の財産を有する世帯にあっては、相続税対策は悩ましい問題であるといえます。換金性の高い金融資産と異なり不動産は土地活用や売買を希望しても一定の時間がかかるため、早めに総zく税対策を考えておくことが重要であるといわれています。効果的な節税対策の一つとして保険の活用が挙げられます。一定の条件はありますが、毎年の保険料について所得税や住民税の控除対象となりますので節税対策としての効果が得られます。また、死亡時の保険金についても通常の相続財産とは別枠で、相続人一人当たり500万円までは非課税となりますので、相続税の節税対策としても保険は有効活用できるツールであるといえます。また、不動産を所有している世帯の節税対策としては、アパート経営なども効果があるといわれています。建設資金を借り入れてアパート経営を始めることで、相続税の大幅な節税に繋げることが出来るというものです。これは、アパート経営による収益で相続後も利益が上がることを前提としたうえでの節税対策となります。そのため、賃借人が集まらないなどアパート経営が赤字になってしまった場合、相続税の節税対策としての効果は得られたけれど結果としてアパート経営などしない方がよかったという事態もあり得ます。その点、生命保険を活用した節税対策については比較的簡単に始めることができますし、万一途中で現金が必要になった場合は、解約して容易に解約返戻金を受け取ることができるというメリットもあります。

Copyright© 2018 保険加入を検討中なら家計診断を受ける【必要なだけ保障をつけます】 All Rights Reserved.