事業者の節税方法

保険プラン

財務対策として節税

節税対策を考える場合、よく保険が利用されます。保険とは、積立をしておき、万が一に備えるものです。生命保険や医療保険、年金保険等様々なラインアップがあります。保険積立金を事業収益から支払う場合、税務報告上は損金として扱われます。定期預金などに積み立てても金利はほとんど期待できません。保険であれば、将来の備えや、万が一の際に補償を受けることができます。また、預金を積み立てても損金として扱われないため、事業収益から相殺されることはありません。ただし、保険の場合、解約時等に返戻金を受けることや保険金給付を受ける場合、税務上の収益(雑所得)となるため課税されます。掛けている時に節税効果があるも、支払われる時に課税されたら元も子もないとお考えの人も多いでしょう。しかし、事業で大きなマイナスが出たときに返戻金を受け損益通算をすれば節税効果は高いです。中小企業オーナーが掛けている退職金制度はオーナーが従業員に対して掛けるもので、家族経営であれば、親であるオーナーが雇いである子どもに退職金として掛け金を行います。退職金は受け取り時に税の優遇があります。掛けるときに損金扱いとして、受けるときは税優遇があれば節税対策となります。いずれにしても損金の計上をしておかなくては節税対策とはなりません。損金計上で利益を圧縮しておいて、後で利益として計上しますが、赤字の年に返戻金を受け上手に利益を抑えれば節税対策として万全です。保険は節税対策としてとても有効です。

Copyright© 2018 保険加入を検討中なら家計診断を受ける【必要なだけ保障をつけます】 All Rights Reserved.